• Home 行政書士のやりがい

行政書士のやりがい

行政書士は、代書屋として公的機関に提出する書類の作成代行することができますが、行政書士の業務範囲があるので気を付ける必要があります。例えば、遺言書であれば、遺言書の作成はできますが、相続における争いに介入することはできません。相続争いに介入できるのは弁護士になります。

 

また行政書士の業務は書類の作成とその書類の提出代理のみであり、自身の名義で代理人になることはできません。自身の名義で代理人になれるのは司法書士です。このように、各士業において守備範囲が明確に分かれているため、その範囲を逸脱しないように注意する必要があります。

 

そのような制約がありますが、行政書士は十分やりがいのある仕事です。まずは行政書士資格が国家資格であることです。これは行政書士としての知識やスキルなどを国が証明していることになります。一度取得してしまえば一生涯保障されるため安定収入にもつながります。

 

次は社会的信用です。行政書士は資格をもとに起業することを目的とした資格です。ビジネスを行う際信頼関係の構築は極めて重要です。何も資格がなければ最初から信頼を得ることは難しいですが、行政書士は国が知識・スキルを証明してくれているためビジネス上有利になります。