• Home You are currently viewing the category: 未分類

短期間で行政書士試験に受かるには

行政書士の資格取得をするためには、もちろん資格試験に合格する必要があります。そのためには試験勉強をする必要があります。方法は大きく分けて、独学と通信講座と専門学校への通学があります。

 

まず独学ですが、出費を最低限に抑えられることにつきます。ただし、勉強のスケジュールや教材選びなども自分で準備しなければなりません。また1年と言う長い期間のモチベーションを維持することも必要です。費用が安い分管理能力や精神力が必要になります。

 

短期間で合格を目指す人はやはり専門学校に入学するか通信講座が効果的です。やはりわからないことや覚え方などをその道のプロに教えてもらえるメリットは大きいです。難解な法律を理解するにはこうしたサポートは非常に心強いものがあります。また、過去の実績に裏打ちされたノウハウをカリキュラムに反映し、受講者のスタイルに合わせて無駄を省いた合格への最短コースをナビゲートする仕組みがあります。

 

また、同じ目標を共有する仲間がいることも大きいです。やはり仕事をしながら1年という長い期間勉強するのは大変です。一番難しいのはモチベーションの維持です。そのような状況において、顔の見える同志の存在ほど心強いものはありません。短期合格を目指すのであれば通信講座か専門学校を活用すべきでしょう。


行政書士資格試験と学習のポイント

行政書士試験は1年に1回行われているため、仮に1年で合格を目指すとすると、総学習時間は1,000 時間が一つの目安だと言われています。1年の総学習時間ではあまりイメージがわきにくいので、1日当たりに換算すると 2.7 時間程度になります。

 

2.7時間は学生でも難しいですが、社会人であれば1日仕事をして通勤や帰宅後の時間を活用することになりますが、それでも毎日2.7時間の学習時間の確保は難しいと思います。社会人の場合は、1000時間の学習時間の確保は物理的に難しいため、600 時間6割の学習時間を目標にします。600時間で休日はある程度まとまった学習時間を確保することを前提にすれば平日は1日1時間程度でクリアできそうです。

 

行政書士試験は300 満点で、その内訳は法令問題が244点、一般知識問題が56点です。試験の合格ラインは正解率6割と言われています。比較的点数の稼ぎやすい法令問題でいかに点数を獲得するかが合否の分かれ目となります。特に配点が高い行政法と民法は重点的に勉強する必要があります。

 

一般的な学習方法としては、テキストで基礎知識を学び、過去問などの演習問題を行う方法を用います。随時模試等を活用し、今自分の実力がどの程度なのかを見極めることも大切です。


行政書士のやりがい

行政書士は、代書屋として公的機関に提出する書類の作成代行することができますが、行政書士の業務範囲があるので気を付ける必要があります。例えば、遺言書であれば、遺言書の作成はできますが、相続における争いに介入することはできません。相続争いに介入できるのは弁護士になります。

 

また行政書士の業務は書類の作成とその書類の提出代理のみであり、自身の名義で代理人になることはできません。自身の名義で代理人になれるのは司法書士です。このように、各士業において守備範囲が明確に分かれているため、その範囲を逸脱しないように注意する必要があります。

 

そのような制約がありますが、行政書士は十分やりがいのある仕事です。まずは行政書士資格が国家資格であることです。これは行政書士としての知識やスキルなどを国が証明していることになります。一度取得してしまえば一生涯保障されるため安定収入にもつながります。

 

次は社会的信用です。行政書士は資格をもとに起業することを目的とした資格です。ビジネスを行う際信頼関係の構築は極めて重要です。何も資格がなければ最初から信頼を得ることは難しいですが、行政書士は国が知識・スキルを証明してくれているためビジネス上有利になります。


行政書士の資格取得と専門学校

行政書士資格は国家資格であり、国家資格の中でも非常に人気があります。士業はどの資格も難易度が高く、行政書士の資格も例外ではありません。平成25年の合格率は10.1%と1割程度の合格率です。独学で難しい場合は専門学校に通って勉強する人も少なくありません。

 

行政書士は代書屋とも言われ、法務局や警察署、役所などの公的機関に提出する書類を作成する仕事をすることができます。また、飲食店が許可申請する際の書類を作成するような書類の作成も行います。 さらに遺産相続に関わる遺言書の作成もすることができます。行政書士の資格を取得するには、年に一度行われる行政書士の試験を受け、合格をすることで取得することができます。合格したら、日本行政書士連合会に登録を行い、登録が完了すると、ようやく行政書士になることができます。

 

しかし、実は行政書士の試験を受けなくても行政書士になれるケースがあります。例えば弁護士資格や弁理士資格を持っている場合や、公認会計士資格を持っている場合、税理士資格を持っている場合、国家公務員もしくは地方公務員で、行政に関する事務を20年以上やったことがある場合は、行政書士の試験を受けなくても行政書士になることができます。

 

ただし、これらの資格は行政書士試験以上の難易度です。行政書士になることが目的であれば、わざわざ難易度の高い国家資格を取得して行政書士を目指すのは現実的ではありません。また、国家公務員や地方公務員として行政の分野で20年働くのも、行政書士になるための近道ではありません。 やはり、行政書士になるためには、行政書士試験を受けて試験に合格して行政書士になるのが最適な方法だと考えられます。